珈琲きゃろっとでエスプレッソにおすすめの豆や挽き方は?

珈琲きゃろっと エスプレッソ
珈琲きゃろっとは、北海道の恵庭市恵み野で焙煎とカフェを運営しているコーヒーのお店です。

 

焙煎士でもあり店主の「内倉大輔」さんは、焙煎の全国大会「ローストマスターズ チャンピオンシップ」で優勝した実績があります。

 

美味しいコーヒーを飲みたい方に珈琲きゃろっとは、一番おすすめのコーヒー通販サイトです。

 

コーヒーを美味しく飲むのに人気なのは、挽いた豆にお湯をかける「ドリップ」や「エスプレッソ」なんかが有名です。

 

「ドリップ」は自宅でやったことがあるけど「エスプレッソはカフェでしか飲んだことがない・・・」といった方もおられるのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは

 

・エスプレッソするならどんな豆がいいの?
・エスプレッソするなら焙煎具合と挽き方はどんな具合がいいの?
・エスプレッソするにはどんな道具が必要なの?

 

といった疑問を、解決する内容となっていますので最後までお付き合いくださいませ。

 

そもそもエスプレッソって?

コーヒーに高い圧力をかけて抽出してできたコーヒーのことことを「エスプレッソ」といいます。

 

イタリア発祥のコーヒーで、電車のエクスプレス(急行)から「エスプレッソ」と呼ばれるようになったそうです。

 

エスプレッソは、コーヒーの味がぎゅっと圧縮された心地よい苦味と濃厚な風味が特徴です。

 

エスプレッソに適した豆は?ドリップ用の豆ではだめ?

 

実は、エスプレッソ用とドリップ用とコーヒー自体の種類は一緒なんです。

 

何が違うかというと、焙煎度合いやブレンドの内容です。

 

それならエスプレッソ用に作ったものをドリップで淹れたり、ドリップ用に作ったものをエスプレッソで淹れてはいけないかというと全くありません。

 

エスプレッソの焙煎はどれをえらべばいい?

 

一般的に言われているのは、

 

エスプレッソ用のコーヒー豆は中煎り〜深煎り

 

ドリップ用のコーヒー豆は浅煎り〜中煎り

 

が多いです。

 

ちなみに、焙煎が浅いと酸味が強く、深くなると苦みが濃くなります。

 

なので珈琲きゃろっとでエスプレッソ用に豆を選ぶ場合も中煎り〜深煎りの物を選んでみるといいでしょう。

 

エスプレッソにおすすめな豆の挽き方

珈琲きゃろっとでは豆の挽き方も選ぶことが可能です。

 

珈琲きゃろっとの挽き方の種類とおすすめな飲み方↓

 

荒挽き・・・パーコレーター用
中細挽き・・・ペーパードリップ、コーヒーメーカー、プレス用
極細挽き・・・エスプレッソ用

 

珈琲きゃろっとで注文するときに、「極細挽き」で選択してオーダーすれば、エスプレッソに最適な極細挽きの状態になっている豆が届きます。

 

ただし、コーヒー豆は挽いてから徐々に酸化が始まり味が落ちてしまっていきます。

 

珈琲きゃろっとでは、極細挽きのように「挽いたコーヒー」と「コーヒー豆のまま」といったように注文するときに選択できます。

 

なので、自宅で美味しいエスプレッソを飲むためにはコーヒー豆で購入して飲む直前で挽くという方法が最もおすすめです。

 

コーヒー豆で購入していれば、ドリップコーヒーやエスプレッソやどっちでも対応できますので、豆で購入するのがおすすめですね。

 

しかし、豆の状態から粉にするのには「ミル」といった専用の道具が必要なので、初心者にはハードルが高いと感じるかもしれません。

 

そういう場合は粉の状態で飲んでも全く問題はないでしょう。

 

粉の状態で注文しても冷凍庫でしっかりと保管するようにすれば、長く保管する事ができます。

 

 

実際に私も粉の状態で頼んでドリップコーヒーを淹れましたが、美味しく飲むことができました。

 

 

 

特に珈琲きゃろっとさんの初回限定お試しセットでは、粉の状態で購入した場合にも、劣化のしにくい保存方法をしっかりと教えてくれます。

 

 

珈琲きゃろっとで買うならどんな豆がいいの?

 

珈琲きゃろっとでエスプレッソにおすすめな豆は、

  • 挽き加減・・・極細挽き
  • 焙煎度・・・中深煎り〜極深煎り

 

になります。

 

 

でも、珈琲きゃろっとには20種類以上のコーヒー豆がありますのでいったいどの豆を選んでいいのか迷ってしまいますよね?

 

 

珈琲きゃろっとの「初回限定お試しセット」は珈琲豆2袋で1,980円で豆を購入する事ができます。

 

定価販売では1袋通常2,000円に対して半分の価格で購入できるのでお得です。

 

さらに、「初回限定お試しセット」は購入時にある方法を使えば3袋で1,980円で購入できます。

 

以下の記事で詳しく説明しています↓

 

珈琲きゃろっとのお試しセットでもう1袋タダでもらう方法

 

 

「初回限定お試しセット」の内容

 

コーヒー3種類
@グァテマラ・グアヤボ農園(中深煎り)
Aコスタリカ・ハルディン・デ・アロマス(中煎り)
Bマンデリン・スマトラタイガー(深煎り)

 

先ほどエスプレッソに適した豆は、中深煎り〜極深煎りとご紹介しましたが、お試しセットの中にはAのコスタリカ・ハルディン・デ・アロマス(中煎り)といった中煎りが入っているので「エスプレッソに適していない」って思うかもしれませんが、中煎りでエスプレッソを淹れても全く問題ありません。

 

 

中深煎り〜極深煎は、エスプレッソ発祥のイタリアでのスタイルになりますが、他の国では実際に中煎りや中深煎りでもエスプレッソを淹れてエスプレッソを楽しんでいる国もあります。

 

 

なので、中深煎り〜極深煎や中煎りや中深煎りなどいろんな豆を使ってエスプレッソを淹れるとオリジナルの美味しいエスプレッソが見つかるかもしれませんよ^^

 

 

上記でご紹介した「初回限定お試しセット」は送料無料で、返金保証までつきますので、まずは珈琲きゃろっとを試してみたい!という方にはおすすめのセットになります。

 

 

「初回限定お試しセット」でエスプレッソをエスプレッソの飲み比べをしたいという方は、豆の状態を「極細挽き」か「豆のまま」を選択しましょう。

 

自宅で豆を挽く方は「豆のまま」で、私のように自宅で豆を挽く事ができない方は「極細挽き」を選ぶのが良いでしょう。

 

 

 

 

エスプレッソに適した機械は?

自宅でもカフェで飲むようなエスプレッソを飲んでみたい!そんな方におすすめなのが家庭用のエスプレッソマシンです。

 

家庭用のエスプレッソマシンの中でも、数十万円するものから数万円のものまでいろいろありますので、ご自身の予算に合ったエスプレッソマシンを検討してみてくださいね。

 

 

全自動エスプレッソマシーン

珈琲きゃろっと エスプレッソ

 

ボタン1つですべての工程をエスプレッソマシーンが自動で行ってくれるマシンです。

 

時間のない朝に素早くエスプレッソが飲みたいというような方にもおススメのマシーンです。

 

ただし、マシン自体が大きいので場所をとりますし、価格も10万円以上と高額なマシーンもあります。

 

 

お手軽な直火式エスプレッソメーカー

珈琲きゃろっと エスプレッソ

 

 

 

価格も数千円と最も安価でエスプレッソを淹れる事ができる直火式エスプレッソメーカー。

 

 

使い方は簡単で、マシーンの下部に水を入れてフィルター部分にエスプレッソ用の粉をセットして直火にかけるだけで、香り高いエスプレッソが飲む事ができます。

 

キャンプでもエスプレッソを楽しみたい方に

 

珈琲きゃろっと エスプレッソ

 

キャンプでもおススメな、持ち歩きができるハンドプレッソというエスプレッソマシンがあります。

 

熱湯とコーヒーがあれば、簡単にエスプレッソを作る事ができます。

 

ハンディーなので、設置場所を取らないのもいいですね。

 

価格帯は10,000〜20,000円程度で購入できます。

 

 

ミルはどれがいいの?

珈琲きゃろっと エスプレッソ

 

 

珈琲きゃろっと エスプレッソ

 

粉の状態でコーヒーを購入したときには必要ありませんが、豆の状態で買った方には粉にするための「ミル」と呼ばれる道具が必要です。

 

 

ミルには電動のミルと手回し式のミルがありますが、エスプレッソで飲む場合は「極細挽き」ができるミルを選ぶようにしましょう。

 

エスプレッソをベースにした飲み方は?

一般的にエスプレッソは「デミタスカップ」や「エスプレッソカップ」と呼ばれる、コーヒーカップの半分ほどの大きさのカップで提供されることが多いです。

 

また、様々な飲み物のベースとして用いられることも多いコーヒーのひとつです。

 

そこでここではエスプレッソをベースにした飲み方を一部ご紹介します。

 

マキアート

珈琲きゃろっと エスプレッソ
マキアートとは、エスプレッソに少しのフォームドミルクを注いだものです。

 

エスプレッソにスプーン1杯ほどのミルクを落としたもの一般的ですが、お店によってはエスプレッソとミルクを1:1の割合で加えることもあり、色々なバリエーションが楽しめます。

カプチーノ

珈琲きゃろっと エスプレッソ
カプチーノとは、エスプレッソ発祥のイタリアで好まれているコーヒーのひとつです。

 

カプチーノはエスプレッソをベースに、蒸気で温められた「スチームミルク」とクリーム状に泡立てた「フォームミルク」とを加えた3層からなるエスプレッソを言います。

 

エスプレッソ、スチームミルク、フォームミルクの割合は1:1:1が一般的ですが、お店によって割合が違ってきます。

シェケラート

珈琲きゃろっと エスプレッソ
シェケラートとは、よく振ったカプチーノのことです。

 

シェーカーにガムシロップまたは、砂糖スプーン1〜2杯、氷3個、エスプレッソを入れ、ふたをしてよく振ります。

 

適当なところでグラスに注ぎ、カカオの粉を振ったり、コーヒー豆を飾ったりします。

 

アフォガード

珈琲きゃろっと エスプレッソ
イタリア発祥のデザートのアフォガード。

 

ジェラートやバニラのアイスやに飲み物をかけて食べるスタイルのデザートで、イタリア語では「溺れる」を意味します。

 

イタリアではコーヒーだけではなく、カシスやカルーアといったリキュールをかけるリキュール・アフォガードや紅茶をかけて食べるティー・アフォガードも広く浸透しています。

 

まとめ

自宅でも美味しいエスプレッソを淹れる方法を中心に、ご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

 

珈琲きゃろっとでは、ドリップをはじめエスプレッソなど美味しいコーヒーを楽しめるコーヒーを販売しています。

 

このサイトでは、珈琲きゃろっとに関する記事を他に多数掲載しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top