食事制限を継続するためには専門の宅配食を利用するのは懸命なことだ

肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があるのです。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が含有されています。食事によって獲得したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓の内部で分離され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓にもたらす負担が増加します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があるのです。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、不足しないように補給する必要があるのです。腎臓病を発症した方の行なう食事療法の趣意は、腎臓病を極力進行指せない事と、良好な体調の存続です。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法を試みる事で腎不全の進行をスローペースにし、透析導入を遅らせることができるのです。加えて、透析をはじめても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必要不可欠です。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。背中に二つ存在する腎臓で尿が作られ働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、たいへん重要な働きを私立ちの体の中で行っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、日常的に健康的な生活を意識(失うくらいお酒を飲んでしまうのは、社会人失格でしょうね)することが大切です。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。たとえば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行なうことが大切です。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施困難な方を多く見受けます。人間の体にとって重要な3大栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)に糖質・たんぱく質・脂質があるのです。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があるのです。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。もし標準体重が60kgくらいであれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。たとえば、食品に含まれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で多様な工夫について知ることができるのです。開業医さんの中には食事指導が難しいこともあるので、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、専門的な意見をもらってもよいでしょう。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善するのは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生野菜や素のままの果物にくらべて大概はカリウム含有量が非常に高いです。そういったりゆうも含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なります。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒腎臓病 宅配食 口コミ